横浜で保育士になるために大学も横浜を選択する

横浜で保育士として働きたいという希望を持っているという人は、大学を横浜周辺にすることで、就職活動等もしやすくなりますし、雇用先を選択する時に、今暮らしている周辺で雇用先を探せば、引っ越しなどもせずに済みます。

横浜という街に限定し、保育士となるのなら、保育士としての専門教育を学ぶ学校を横浜、若しくは周辺に選ぶことで、経済的な負担少なく就職先を探し働くことができます。

では実際、横浜にはどういった保育士系の大学があるのか?みてみましょう。
それぞれの大学で様々な教育がおこなわれています。

多彩な才能を持った女性を!相模女子大学

横浜から少し離れますが、神奈川県相模原市にある相模女子大学には学芸学部 子供教育学科があります。

ここでは小学校、幼稚園の教員免許、また保育士の資格取得が可能です。
見守れる人ということを主軸に、2年ではインター湿布経験、3年、4年はゼミ中心で実践力を育成してくれるというカリキュラムが組まれています。

何よりこの大学は、「子供がキャンパスにいる」という保育士になる為に最高の条件があります。
この学園と連携し見守れる人を成長させるという魅力あるカリキュラムが人気です。

國學院大學のたまプラーザキャンパスで保育を学ぶ

國學院大學のたまプラーザキャンパスは横浜市青葉区新石川にあります。
この大学の人間開発学部、子ども支援学科で保育士として学ぶことができます。
日本の伝統的な子ども・子育て文化を理解し、その上でグローバルな活動ができる子供を育成する教育を行っています。

今命の大切さなどをしっかり理解出来ないお子さんも多いといいますが、命の大切さ、自然の大切さを尊重する精神をもてるように、人間力を育成するための保育ができるよう、人材の育成を行っている大学です。

学校

東洋英和女学院大学で自分の新しい可能性を広げよう

横浜市緑区にある東洋英和女学院大学は、人間科学部の保育子ども学科で保育士の勉強ができます。

ここでの保育士の学びは、キリスト教の人間観、子どもの理解に立った保育者の育成を行っています。
1919年に保母養成所が開設され短期大学の期間を経て、100近く伝統として継承している学校です。

資格に必要な科目以外、子どもと国際、子どもと感性、子どもと心理という三つのテーマ科目から一つ選択肢、保育以外の知識を学ぶことができるのもこの大学の大きな特徴といえるでしょう。

関東学院大学、教育学部のこども発達学科で保育士の資格を取得

横浜市金沢区にある関東学院大学では教育学部のこども発達学科があり、この中で、小学校教諭、幼稚園教諭、保育士を目指すことができます。

教育、保育、子育て支援、子どもの心等、保育に関する様々な幅広い知識を学ぶことができます。

教育学部には附属の六浦こども園があり、また六浦小学校など学院各校、地域の公立校と連携し1年から現場での実施、体験ができるという特徴的な教育があります。
ゼミ、職場体験などのフィールドワークも多岐にわたり、保育をより実践に近いところで学ぶことができる魅力的な大学です。