横浜は日本が誇る観光地そして美しい街

横浜には中華街に山下公園、みなとみらいなど、世界からも多くの観光客が訪れる日本の一大観光地であり、緑も多く海もあり、バランスのいい美しい街です。
港町として古くから栄えていたこの街に暮らす人たちは「横浜大好き」ですし、誇りをもって暮らしておられます。

最近は子育てしやすい街をめざし、子育て支援にも力を入れています。
待機児童問題をクリアするために保育施設などを新規設営するための準備、また居住地の補助なども行っていますし、この街で暮らすための様々なサービス、サポートが充実しているのです。

そんな横浜で保育士として活躍したいと願う方も多く、新卒からの就職も中途採用を求める転職者も、横浜で保育士として働ける日を夢見ています。
では、この街で保育士として働くメリットとはどういった事なのでしょうか。

都市部だけど都心と比較すると環境のよさが秀でている

一度横浜に暮らすと、職場が都心となっても横浜から通う方が多いと聞きます。
同じ都市部でも横浜は少し足を伸ばすと自然がそこかしこにあり、忙しい感じがありません。

都心では朝の通勤ラッシュがものすごい状態の路線も多いのですが、それから比べると横浜はラッシュがあっても都心ほどではなく、道路も渋滞する箇所もありますが、広々しています。

暮らすということを考えても横浜は安心して気持ちよく暮らせるエリアが多く、また家賃についても、地域によってかなり低くなっているので暮らす場所を考えれば、都心よりもずっと安く暮らすことが可能です。

地方から横浜に来て暮らすということであっても、経済的な負担を少なくできる地域もありますので、様々な面で横浜という街は快適に暮らせる要素が強いといえます。

横浜には保育士宿舎借り上げ支援事業がある

月々の家賃は生活に利用する費用の中の大部分を占めます。
でもこの家賃が5年間無料になるとしたら?これは貯蓄をする大きなチャンスですし、横浜に来てしばらくすれば、お金の使い方もしっかりしてくると思いますので、保育士として働く上で、非常に大きなメリットになります。

横浜市では国の待機児童解消加速化プランとして行われている保育士宿舎借り上げ支援事業を先駆的に取り入れているのが特徴です。

保育士さんのお給料は少し良くなっているとはいえ、その他の職業と比較して考えると現代でも低めといわれています。
実家暮らしでしか保育士として暮らしていくのは無理・・・とほかの地域に行きたくても諦めている人が多いのです。

しかしここにこうした事業があれば、一定期間でも家賃の補助を受けてまず安定した暮らし、生活の基礎を作る事が出来るのですから、これは素晴らしい制度です。
横浜のこうした制度を利用して保育士として活躍されている方がすでにいらっしゃいます。
具体的な求人を探したいかたは、下記サイトからどうぞ。
>>https://hoiku-shigoto.com/area/kanagawa/yokohama/

また、横浜市の場合、待機児童解消を掲げているので、保育士を確保するということにも力を入れています。
保育業界に絞合同説明会を行ったり、就職、転職のイベントなどが多数行われています。

その他資格取得講座受講料補助、保育士試験受験料補助等も行っているので、保育士として将来活躍したいと考えている方にとって、非常に大きな支援を受けることができます。

保育士をバックアップしてくれるこうした制度や補助など、とにかく横浜は保育士が働きやすく、暮らしやすい環境づくりに力を入れているのです。