結婚される新郎新婦をサポートするウエディングプランナー

結婚という人生の一大イベントをサポートするウエディングプランナーは、幸せのお手伝いができる職業として人気があります。
ウエディングプランナーとして働く場合、資格が必須となる事はありませんし、学歴なども必要ありません。

しかしウエディングプランナーは人気職業となっているため、雇用する側もよりよい人材を求めています。
実際に就職、転職に関して狭き門となっていることもあり、最近は大学、専門学校などでブライダルの専門知識を勉強する方が多くなっています。

雇用する側も学校へ行き専門的知識を持っている人の方が信頼度もあり、そうした学校を出ている人材、また経験のある人材を雇用する方が安心だと考えています。

ウエディングプランナーの場合、学校を出ても現場での経験がものをいう世界なので、即戦力になるということはありませんが、おめでたいお席のマナーを勉強してきているということだけでも、雇用する側は安心度が高いです。

ウエディングプランナーの知識を勉強できる学校

大学ではブライダルの専門知識を勉強できる専門的な学科があり、一般教協と共に質の高いブライダルの教育を行っています。

短大や専門学校では、ブライダル業界で活躍できる人材を養成するために、独自のカリキュラムを組み、実践力のある人材を育成するより実践に近い教育を行っています。
またすでに社会に出て働く人のため、養成スクールなどでもウエディングプランナーの養成コースがあります。

求人という面で見ると専門学校、スクールに雇用を求めることが多いともいわれていますので、ウエディングプランナーになりたいという希望を持っている方は、専門学校、スクールに入り専門知識を学ぶことが近道ともいわれています。

ウエディングプランナーとしてホテル、コーディネイト会社、結婚式場で働く

ウエディングプランナーの就職先としてはホテルやコーディネイト会社、結婚式場等がありますが、そこで活躍される人が全て専門学校等を出ているということではなく、現場で学びながらウエディングプランナーとして活躍されるようになる方も少なくありません。

公的資格はありませんが、全米ブライダルコンサルト協会が認定するブライダルプランナー検定等の資格がありますので、こうした資格を取得することで就職、転職に活かしている方もいます。

ウエディングプランナーは、学校を出ているから、資格を持っているから、ということで即戦力になれるわけではなく、やはりホテル、結婚式場などで経験と実績を積み、沢山のブライダルに係わる事が重要です。

最近はブライダルをプロデュースする専門の企業も多くなってきていますので、ホテルや結婚式場のほか、こうしたプロデュースを行う専門的な企業で働くという選択肢もあります。