ウエディングプランナーはどんな仕事をするの?

結婚される新郎新婦、これからお式をされる喜びでまた新しい人生をこれから二人で歩まれる希望に満ち、輝かれています。
そんなお二人が理想とする挙式、披露宴を演出する、サポートするというのがウエディングプランナーの仕事です。

予算に合わせて演出を考える、衣裳や招待状の手配、日程決め、結婚式までにやる事は山積みですが、人生の中でたった一度の舞台を最高のものにするために、ウエディングプランナーはブライダルの専門的知識をもってトータルプロデュース、サポートを行います。

これから新郎新婦となられるカップル、またご両親などと相談し、要望を聞きながら最もいいプランを創り上げます。

ウエディングプランナーの勤務先は?

ウエディングプランナーはホテル、結婚式場、またレストランで勤務されることもありますし、最近はウエディングプロデュースを行う企業に所属し働くということもあります。
ごくわずかですが、独り立ちされ個人で仕事を請け負っている方もいます。

どこで働くにしても仕事内容は同じで、これから挙式、披露宴されるカップルのプロデュース、サポートです。

公的な資格はありませんが、民間に資格があり、最近は専門的知識を養うために学校に通う、また資格を取得され就職に活かす方が多くなっているようです。

営業から提案、準備、そして当日の仕事

結婚式場などの場合、カップルが見学に訪れるので会場をご案内し、こういったお式が出来ますよと細かく説明します。
いくつかの式場、ホテルなどをまわりどこで行うかを選択しますので、カップルに自社で行うブライダルの魅力をしっかり伝えなければなりません。

お式を行うことが決まれば、カップルの要望を聞きながら日程や予算、お式の詳細を決めていきます。
お式の当日、照明や音響の委託が必要な場合もありますし、お料理の手配なども行う必要があります。

またお式の詳細が決まればその流れなどをスタッフがしっかりつかんでおくことが必要となりますので、スタッフとの打ち合わせも密に行います。

招待客への引き出物、ブライダルで利用するウエルカムボード、その他、カップルが行いたいことについて準備するものもたくさんあると思いますので、抜かりなく、最高の思い出となる様にきちんと作り上げていきます。

お式当日は手配したものが全て整っているかどうかをチェック、さらに時間通りに進行できるように、トラブルが無いように気を配りながらスタッフを統率します。

お式の前にはレイアウトが完璧かどうか、司会進行役は流れを把握しているかどうか、音楽や照明のチェック等も必要です。
新郎新婦が気持ちよく楽しく、感動的にお式を終えるように、気を抜く事無くサポートしなければなりません。

お式が終われば次のカップルが控えているということもありますので、急ぎ片付を行うこともあります。