中華街でご飯を食べるならやっぱり梅蘭です

横浜中華街は横浜の中でも世界的に有名な場所で、中華街の食べ歩き、また様々なお店で本格中華の調味料を買ったり、また雑貨など面白い物を売っているお店もあるので、いろいろ見て回るのが楽しいです。

カップルにもご家族にも友人同士で中華街を楽しむという場合にも、ランチ、ディナーを頂くのなら外せないお店、一度いっておくべきお店があります。
それが、梅蘭です。

横浜市中区山下町、中華街にある梅蘭はJR京浜東北線、根岸線石川町駅から山下公園方面に向かい徒歩7分程度の場所にあります。

年中無休で11時30分から15時、17時から22時、土日祝日は通し営業しています。
このお店では、クルマエビのマヨネーズやふかひれの姿煮込みなどの、高級中華料理、本格中華料理を楽しめるというほかに、オリジナルメニューも楽しめます。

オリジナルメニューで人気となっているのが両面をカリカリに焼いた麺の中に、あんかけがどっさり入った梅蘭やきそばが大人気です。
カリカリの麺を楽しみつつ、あんに絡ませておいた麺をふやかしていただくと、カリカリともっちりを楽しむことができます。

梅蘭やきそばは是非、食べてほしい独自の味

通常、焼きそばというと具材と麺がたれで混ぜられて焼かれているタイプ、若しくは挙げた麺にあんかけというスタイル、焼いた麺にあんかけなどのスタイルが多いのですが、この梅蘭やきそばはカリカリ麺にあんかけが閉じ込められていることで、独自の味となっています。

カリカリの麺にあんかけが閉じ込められているのでいつまでも冷めることなくいただけますし、あんかけの味がちょうどいい塩梅で最後までぺろりと食べられてしまいます。

麻婆豆腐とエビチリなどでまずビールを頂き、それから締めに梅蘭やきそば・・・というのもいいです。
中華はビールにもよくあいます。

子どもから大人まで楽しめる梅蘭は中華街でも人気店となるので、お昼時に行くとお店はいっぱいです。
土日などはちょっと時間をずらしていく方がいいかもしれません。