食いしん坊には目の毒かも?食べたいものが多すぎる!横浜中華街

横浜中華街といえば日本が誇る中華街であり、食いしん坊にとってはどのお店もおいしそう・・と、入るお店をどこに決めようか?迷ってしまうと思います。

お近くにお住まいでいつでも行けるということならまだしも、横浜に観光に来て中華街を楽しむということなら、やはり名物店、おいしいと評判のお店に行きたいと考えます。

ただ中華街は広い!!そしてあまりにも多くのお店がありすぎる!!ので、どこに行けばいいのか?正直見当がつきません。
そこで、現在中華街でいっておくべきオススメのお店、評判のお店を紹介します。

やっぱりブタまん食べなくちゃ!江戸清のブタまん

中華街で食べ歩きといえば絶対ここは外せないといわれているのが江戸清のブタまんです。
非常に大きな「江戸清のブタまん」というのぼりが掲げられているのですぐにわかると思いますし、何より行列があるのでわかりやすいです。

老舗のブタまんはジューシーでお肉の味がしっかりありしかも大きい!!でもリーズナブルでボリューム満点ということで、多くの方が購入されます。
1個でお腹が満足してしまうような大きさなので、カップルならシェアして楽しんでもいいです。

元町・中華街駅から350m弱位、中華街大通り沿いにあります。
元旦のみお休みで無休、9時から営業しています。

ジュワッと肉汁が最高、やけど要注意!焼き小籠包/鵬天閣(ホウテンカク)

焼き小龍包で有名な鵬天閣(ホウテンカク)は、香港路沿にあります。
みなとみらい元町・中華街駅2番出口から徒歩5分、JR石川駅北口から徒歩5分くらいです。

11時からの営業で無休のお店ですが、このお店も行列が絶えないお店です。
メディアでもたびたび紹介されていますが、皮がサクサクとしていて中はもっちり、肉汁がジュワッと出てくるのでやけどに要注意の小龍包です。
とにかくこの小龍包は王道と呼ばれるほどにおいしく、有名です。

白いのが豚肉焼き、緑色の方が海鮮、4個入りと6個入りがあります。
食べ歩きするならこちらもお仲間でわけあって頂く方がいいでしょう。
豚まん

リーズナブルにふかひれスープを味わうことができる公生和(コウセイワ)

ふかひれスープなんてとても高くて無理という方がいますが、この公生和(コウセイワ)なら大丈夫、黄金ふかひれスープを1杯300円で楽しむことができます。

キラキラと黄金色に輝くふかひれスープは胃にしみとおるようなおいしさです。
50円プラスするとおこげを入れてくれます。

このお店には元祖ふかひれまんが400円で販売されていますので、ふかひれまんに黄金ふかひれスープを楽しむというのもいいと思います。

みなとみらい線元町・中華街駅 3番出口から徒歩1分、朝暘門の東門、ChinaTown80(インフォメーションセンター)、中華街大通り方面にある2番出口から徒歩1分の場所にあります。

この他にも肉まんの萬珍樓(マンチンロウ)、パンダマンの老維新、海老クレープの新錦江(シンキンコウ)等名店が多数あります。
迷ってしまうと思いますが、出来れば下調べをしてから目当てのお店を探しつつ、中華街を楽しむといいと思います。