横浜のラーメンといえばやっぱり家系

横浜でラーメンを食べるとなるとやはり多くの方が家系!と思う方が多いと思うのですが、この元祖、起源となるのが吉村家です。
>>http://ieke1.com/

全国で家系ラーメンを食べる機会が多くなっていると思いますが、家系は横浜の吉村家が元祖で、豚骨・鶏ガラベース醤油ラーメンです。
多くの横浜家系ラーメンがありますが、吉村家は醤油の味がしっかりきいた実にパンチのあるラーメンです。

直系店舗では「酒井製麺の特注麺」を使用し、中太、独特なもちもちした食感を味わうことができます。
この直営店のほかに、本牧家、六角家系譜について、酒井製麺が利用されています。

横浜家系が好きという人は家系といえばやっぱり白く清潔な作業着という印象もい有ると思います。
ラーメン
スモークしたチャーシューとほうれん草、海苔が3枚、たれと同時にチーユと呼ばれる鶏脂がどんぶりに入り、麺の方さは硬め、普通、柔らかめ、味の濃さについても濃いめ、普通、薄め、脂の量も多め、普通、少な目と選ぶことができるというお店です。

トッピングもあり後から現金オーダーもできるというお客が我儘をいえるのも、横浜家系の嬉しい部分といえるでしょう。

このお店で修業して正式にのれん分けされているお店、実は少なく、吉村家直系店というのはなかなかないのです。

吉村家 こここそ本店、ここで家系が生み出されました

横浜家系総本山となっているのがここ、横浜市西区南幸になる本店です。
JR横浜駅から徒歩10分程度、平沼橋駅から400m弱位の距離にあります。
家系ラーメンはこのお店から独立したか、系譜、若しくは本店と関係のあったお店からの系譜、派生、また全く関係のないお店も家系と名乗っていることがあります。

定休日は月曜日、祝日という場合は営業、翌日が代休になります。
11時から22時まで営業しています。

ふんわりスープに浮いた鶏脂の風味、独特のもちもち麺、他の直径店と比較して流石本店とおもうチャーシュー、スープによく合うほうれん草、(冷凍を利用しないので季節によって小松菜になる事もある)海苔をからめて頂くのも美味・・・・とにかく、ここにしかない味があるといえるのが本家です。

直径店舗の中で四天王に数えられる杉田家

JR根岸線新杉田駅から徒歩3分程度、磯子産業道路沿い、コンビニ右隣にあります。
月曜日から土曜日営業、日曜、年末年始定休、朝5時から翌1時までというお店です。

濃厚でもそれほど口にべったり残る感じがなくて、この杉田家のラーメンが好きという人は、家系の中でも結構多いと思います。
非常にバランスがいいラーメンで、チャーシューは本家と比較してふんわり、柔らかというイメージです。

チャーシューがローストポークの様なイメージになっているので、女性でもすっと食べやすく胃にもたれるようなギトギトした感じがありません。

富山にあるはじめ家、ここも直系店、家系四天王の一つ

富山県魚津市、8号バイパス沿いにある横浜家系ラーメンのお店、直径店であり四天王に数えられるお店で「北陸の虎」という異名をもっています。

この家系ラーメンはバランスのいい味で、多くの方々が支持している味です。
地元の方々にも愛され続けているお店で、またこのお店は接客が最高という声があります。
気持よく迎えてくれるお店、そしておいしいと来れば、何度も足を運びたくなるものです。

駐車場があるので車でお越しになる方が多いです。
富山でも横浜の味が喜ばれているのです。